もう社会で生きていけない・・・と嘆く人の残された手段は

woman-on-side-of-lake

 

毎日長時間労働キツい上に、仕事のミスが多くて怒られてばっかり。。。

やりたくもない仕事を年寄りになるまで、ずっと、やらないといけないのか。。。

もう嫌だ。。。精神的にキツいから辞めたい。。。

 

そして、無職に戻ることになるなんて。。。

でも、再就職をしても、社会で生きていけない気がする。。。

 

あなたも、僕のように生き辛さを感じて、ここにやってきたのかなと。

 

一度、自信喪失して辞めてしまうと再就職するまで時間がかかる人もいれば、

そのまま一直線10年もニートになってしまう人がいるわけなんだけど。

 

こんな風に悩むのは、まだまだ次世代の子供達に続くと思う。

自由に生きれないと不満を持つ人だけじゃない。

 

自信を失くした社会不適合者のみんなが、幸せに生きるにはどうしたらいいか、

あれこれと考えてみた。

 

ガチガチに長時間労働するのがキツイ

毎日14時間労働で日曜日だけが雄一の休み。

ブラック企業の仕事なんかやりたくない」っていうのは、

口に出せないだけで嫌々やってる人はたくさん。

 

鬱病のリスクが高まるのはもちろんで、健康のリスクもあるし。

長時間労働を、誰が好き好んでやるか!って言われたら、

そりゃ本当に好きで仕事をやっている人じゃないかと。

 

もしくは、

「俺なんか毎日深夜過ぎまでやってるからね」

とか、残業自慢したいような人くらいじゃないかと。
(僕は週5日8時間労働でも嫌だから)

 

いくらかの企業が週休3日制の勤務体系を取り入れたそうなんだけど、

それが社会全体に浸透するのはまだまだ先の話になりそう。

 

正社員で残業せず、できるだけ定時で帰りたいなら、

・外仕事(暗くなったら作業できない)
・財団法人の求人
・医療機器製造の工場
・店舗営業の職種
・施設の介護職

 

といった、他にもまだまだいっぱいあるけど、

1日のノルマや時間が決められていると思われる職種を探すのがいいかもしれない。

本当に「やりたいと思った仕事で人間環境が良好な職場」じゃないと、

自分から長時間なんてやりたくないし。

 

物覚えが悪いのに覚えることが多いと感じる

僕は小さいころから物覚えが悪くて、

いつも「そうじゃねぇって!」って言われる度にクヨクヨする人間。

 

新しい仕事を始める度に、

勤務初日から一気にあれやこれやと説明されて、

てんてこ舞いになって、何が何だかわからなくなる。

何とかメモを取ってるけどワケワカメ。同じことでまた注意される。

または、注意されることいっぱいありすぎて、自分の理解力のなさに自己嫌悪。

 

「自分この仕事向いてないんじゃないか」

という思考を通り越して、

「いや、自分はどこの職場にも居てはいけない人間なんだ」

っていう思考になってしまう。

僕のような思考回路の人が、他にどれくらいいるんだろう。

 

毎日罵声飛ばされて、精神的にキツイっていうか、

なんかもう、生きている意味なんじゃないかって思えてきて。

できるなら、「少しづつ覚えさせてくれる職場ならいいな」って勝手に思うんだけど、

中々そうそう大目に見てくれる会社って出会えない。

 

仕事に余裕がない人が多く仕方がないのもあるけど、

「見て覚えろ」や「ほったらかしで任せる」

といった教育制度の職場は、正直さすがにキツイ。

 

「これぐらい誰でも普通覚えれるだろ!」って、

誰でも覚えれるかのように当たり前に思って教えてるから、

あとから「はぁ? 何でわかんねぇのよ!」ってイライラする上司。

 

物覚えが悪いと仕事に困っている人に超最適な対策を教えよう」の記事で、

仕事を早く覚えるための手段を書いたように、

今の職場で粘って経験を積むか、覚えることが少ない職種を探すか。

 

僕の場合は、職場を変えたおかげで精神ダメージの蓄積は避けられた。

今までの職場よりも穏やかに仕事ができたし、

まぁ今は、ストレスレスで生きているほうだと思う。

 

同じ職場で粘って続けていけば、

何かしらスキルなど社畜根性など、

身に付いてくるものが少なからずあるにはあるけど。

 

でも、「覚える努力はしている」にもかかわらず、

どうしても仕事についていけないと精神の方がキツイと感じるなら、

辞めて他の仕事を探すのもアリだと思う。

続けるか辞めるかっていうのは、人によって正解は違うんだなと。

 

職場の人の発言がいつも気になってたり

ブラック企業の労働環境も悩むけど、

どこの職場でも、同僚や上司からの発言もけっこう悩むは悩む。

もう誰にも関わりたくない。森の中で一人で暮らしたい。

 

僕の場合、もう社会で生きていけないとよく思ってしまうのは、

「こんなデリカシーのない先輩と、ずっと付き合っていかないといけないなんて。。。」

と感じることばっかり。

 

そんなふうに未来のことを悲観的に考え続けていたら、

どうやら、他人から見ては、死んだ魚の目のように映っていたらしい。

 

いつも職場では、

「注意されようないようにしなきゃ!」

と心がけていても、

「今日は何か言われたりしないかな」って

オドオドドキドキしながら他人の顔色ばかり窺って。。。

他人に気を遣いすぎて疲れて。。。

 

「まだわかんないの?」
「だからさっきも言ったけど」
「だから、何回も言うけど」

 

…覚える努力はしてるんだけど。

確かに覚えれない自分にも、問題あるんだけどね。

 

でもこんな発言を言われ続けたら、

一日中気にするか、頭から離れないんだよ。それも毎日。

僕以上に、心がデリケートな人達もいて、

仕事が慣れる以前に、みんな精神が病んで辞めていってしまう。

 

やっぱり人間関係に関しては、

人間関係構築というよりも、職場選びのほうが結構大事かなと。

結局、職場の雰囲気や細かい仕事内容は、

実際その職場に入ってみないとわからない。

 

どこの職場に行っても、生きていける気がしない

もし、次に求人を探すことがあったら、

職場見学ができるところがいいかなって思った。

社風の雰囲気ぐらいは少しくらいは感じ取れると思うから、

あとは自分の直感で判断ってとこ。

 

そして企業の評判の情報収集もしたいなら、

例えば、就活掲示板を見て回ってみたり。

全ての企業名の情報はあるわけではないけど。

その掲示板に情報がないならないで、

自分で質問してみれば、誰かが書き込んでくれるかも?

 

今後も、就職探しで困るようであれば、

無料求人雑誌やハロワから求人を探すだけでなく、

転職エージェントでしか扱ってない非公開求人を探すことも、検討してみてほしい。

 

例えば、まだ29歳以下で精神疾患持ちじゃないなら、

「JAIC」という就職支援サービスというのもあるよってことを伝えておきたい。

【JAIC(ジェイック)】

 

「JAIC」は特色として、ブラック企業の求人を一切取り扱ってないことから、

少なくとも、無駄に長時間労働強いられることなく、

いきすぎたパワハラ上司のいない会社に、就職できる可能性は高くなる。

 

精神疾患や発達障害を伴っているとしたら

僕は重度の精神病になったことない。でも、

鬱状態くらいにはなってるんじゃないか

って、自分に疑問に思うことは時々ある。

アダルトチルドレン的な心のトラウマもあるかもしれないけど。

 

かといって、精神科の先生にかかっても信じられないし、まだ行きたくない。

適当な病名をつける奴ばっかだと聞くから、正直通うべきところは慎重にならざるを得ない。

 

精神科の先生の中には、

「アイツら(精神患者)には社会復帰は無理でしょう(笑)」

って、笑いながら話していた先生がそんなこと言っていたぐらいだし。

 

僕は今まで生きてきて、

社会からドロップアウトして引きこもりになって、

精神障害者になった知り合いを、何人も見てきた。

対人恐怖症、仕事に対する自分の力量。

現実社会のハードルを超えられない悩み。

 

それに精神障害者っていうのは、世間からは曖昧に理解されているし。

「やる気がないだけ」とか「追い込まれてないだけ」とか「出来損ないは早く消えろ」とか。

そんなことしか言えない人間ばっかりで嫌になる。

結局、自分のことを一番わかってくれるのは、自分しかいないんだなと。

 

それでもしも今後、本当に精神障害者になってしまったなら、

何らかの精神疾患・発達障害がある人が、

職業訓練をしながら、障害者枠の就職を目指す、

「リンクビー」とか利用してみるのもいいんじゃないかと。

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

今のところ、リンクビーに通える所は、

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県

今後もこのようなサービスが全国に広がればいいなと思ってる。

ちなみに単純に就労経験ない人でも利用できるみたい。

 

そこで社会復帰を目指すことも可能かもしれない。

障害者用に、職業訓練など充実した指導内容もあるみたいだし。

 

ただ、障害者枠の求人で就職しても、

差別的な扱いや健常者同等に、仕事をさせたりする事例は、まだまだあるのは否めない。

それでも、一般社会から脱落して精神疾患を伴った時、

この就労移行支援は、もしもの手段としては心強いと思う。

 

社会で生きていけないと嘆く人の最終手段は

「社会で生きていけない」と言う人に多いのは、

・あぁだこうだ命令されてコキ使われたくない。
・無駄な飲み会に参加もしたくない。
・好きでもない仕事を続けるのが気が重い。
・休みがなくて好きなこともできない。
・他人とコミュニケーション取りたくない。
・自分は何をやってもダメ。取柄がない。
・嫌な人間ばっかりでストレス。

 

というように、自分らしく生きれないとか、

自分に自信があるものがないと嘆いてる人がたくさんいる。

以前の僕も、生きがいと思える仕事さえない。

 

このまま働き漬けの人生を死ぬまで続けないといけないなんて…気が重い。。。

僕だって、もう不満だらけで、

「自分の思い描いた夢の生き方ができないなら死んだ方がマシ!」と考えてたぐらいで。

 

こうなればもう、

起業するなりフリーランスとして生きるか、インターネットビジネスで稼いで生きる道。

僕もそのきっかけを作ってくれたのが、

自由な人生を手に入れる教科書」という書籍に出会ったから。

これが僕の中では、人生を大きく変えるキッカケになった書籍だった。

 

ネットで稼ぐ手段なら、

自分に取柄がない!とか、全く知識がない人でも、

数ヶ月や数年で自分ひとりでも稼ぐ力を身に付けれることはできるはず。

 

時代が進むと同時に、

テクノロジーが発展してきてるから、これからもまだまだ新しい稼ぎ方も出てくる。

現在、20代から自由に生きている人達は、ネットから起業してる人が多いねと。

 

社会不適合者は死ぬしかないなんて思わないでくれ

最後にもう少しだけ。

「何やってもダメ」
「ダメ出しばっかされる」
「自分に何一つ良い所がない」
「こんな自分が嫌い」

 

と、自信喪失してる人は多い。

社会のみんなから、言われたことをこなせない社会不適合者だから、

「生きる資格がない・・・」と嘆いてる人もいるかもしれない。。。

 

「死ぬしかないって?」 でもちょっと待ってほしい。

それはただ自分でそう思い込んでるだけだったりすることもあるから。

 

「お前はあれもこれもダメ」としか否定することしか頭にない親や上司から、

そんなこと言われ続けるものなら、誰だって自信がなくなってくるから!

 

そんなデリカシーしか言えない奴らからは、マジで離れたほうがいい。

何もする気になれないし、「自分は大人しくして何もしないほうがいい」って気分にさせて、

逆に行動範囲とモチベーションを削ってるだけだから。

 

それにただ、一人一人の個性が、

日本の風習と、組織や労働システムが極端に合わないからっていうのも結構ある。

 

それと、今自分の周りに「一緒にいてウキウキできる人」がいないなら、

誰かのセミナーに行ったり、自己啓発の本でも読み漁ってみるのだっていい。

 

どんな人間でも、一見短所だらけに見える人でも、気づいてない武器を持ってるってこと。

「身体能力」「知能や知識」とかだけじゃなくて、

「根気強さ」「観察力」「思想力」「人間味」「容姿」「運」とか、みんな見えない強みを持ってる。

 

実力で成果を成し遂げる道もあるけど、

みんなの力を借りて成功できる道もある。

 

何やってもダメに見える人でも、

存在してくれているだけで、他人を幸せにできる人もいる。

それは、一見物もらいに見えても、一緒に居て幸せだという「感情的価値」を他人に与えているってこと。

 

そういうことだからまずは、

「この人に会って話を聞いてみたい」って思う人を探し回ってでも、ぜひ見つけてほしいと思う。

 

 

ザラザラっと書いてきて、この辺で終わり。

ここまで読んでくれてありがとう。

 

※まだ、生きてる自分に価値がない感じる人には、

読んでほしい記事↓

man-under-bridge
たまに哲学くさい?記事を書いてるリュウタと言います。世の中って本当、生きにくいよね。頑張っても頑張っても空回りすることば...

 

関連記事

alone-clouds

孤独になりたいと思うのはなぜ?状況別に応じて考案を出しておくよ

milky-way

「何もかも投げ出したい」と思った時に抑えておきたい4つの心構え

man-watching-tree

人生終わりにしたい?ちょっと関わる人や環境変えてみようか

bed-in-dark

永遠に眠りたいという生き辛さを抱えてる人が解決する手段

susuki-grass

思い出したくない過去の過ちや、嫌な思い出を簡単に緩和させる方法

gloomy-sky

人生お先真っ暗だと感じないように心がけると良いこと