「生まれてきてごめんなさい」という悲しみに暮れているあなたへ

guilt

 

立ち寄ってくれてありがとう。

ここに来たあなたの心境は、今どんな感じなんだろう…

 

あるSNSで「生まれてきてごめんなさい」という、自虐的ともいえる発言も見てしまった…

…なんだか自分も悲しい気分になった…

こんな発言を言わせるほど、ホントにもう…

なんでここまで生き辛い世の中なんだよって…

 

「恩返しもできない、迷惑ばかりかけて生きるぐらいなら消えたい…」というような発言も見た。

僕もそんなネガティブ思考なのか、文面を見るだけでも落ち込んでくるんだよ…

何もできない取柄のない人間だと、そう思い込んでた時期があったからなのかな…

 

僕は、罵声を飛ばしてくる母親とは文句で言い争うのが、ほぼ日常茶飯事だった。

とはいえ、親とケンカばっかりな僕でも、一応「ダメな息子で申し訳ないなぁ」と気持ちになる瞬間はあったかもだけど。

まぁ今でも素直になれない、なんとも言えない気持ちは残り続けてるな…

 

それよりも、あなたは僕以上にきっと、罪悪感を強く抱えながら過ごしているだろうと思う。

周りに自分の気持ちをわかってくれる人がいなくて、今悲しいかな? 辛いよね。

あなたは悪くない。まず親が産んだのが前提だから

誰だって、他人の期待を裏切りたくないと思うことはある。

誰だって、恩を返してあげたいなって思う瞬間は一度くらいはある。

誰だって、今よりもっといい人生を歩もうと思って生きている。

どんな失敗にしても、自分だけが悪すぎるっていうのはまずないよ。

 

それを踏まえて、多くの親に対して責めてるように聞こえてなければいいんだけど、

mother-and-baby
この記事では、「子供を産む理由」というテーマで書いてみた。僕は子供の頃、罵声を飛ばす親とケンカばっかり。学校では...

という、子供を産む理由についての記事を書いたから。

親に対する自分を、そんなに責めないでやってほしい。

 

そもそもの話、「この親の元から生まれよう」と選んで生まれてこれるはずがないと思うんだ。

魂が選んだとか生まれ変わりだとか、前世がわかるっていうのなら話は別だけど、元はといえば親の都合。

親は「こんな子供にしたい」、「こんな子供であってほしい」と、

そんな気持ちから、幸せ像を描き、期待を膨らめせながら子供を授かる

 

大体、子供を作ろうと思う親は、

真面目にしっかりと子供を教育をしていけば、家族共々、幸せになれる

という根拠はあるにしろないにしろ、前向きな自信があったんじゃないかと。

 

それがまさかの展開に、親は気を取り乱していくわけで。

自分の理解を越える、想定外の変わり方に対してなのか。

よくあるのが「成績が悪い」「問題行動が多い」「仕事をしない」とか。

「自分の子供が社会のレールから外れた生き方をするなんて、思ってもいなかった」と言う親はよくいる。

 

良い方向ばかりのことを期待しても、人生は思い通りに行くことのほうが難しいから。

というか、自分の意のまま他人をコントロールしようとすること自体ありえない。

上辺では「自分の好きな道に進みなさい」とは言ってくれるけど、

良い大学入って~良い企業に就職して~とか、さりげなく親の固定観念で干渉してきたり、子供に自分の期待を被せているんだな。

 

それで子供自身、プレッシャーの中でもがいてもがいて、それで好きで失敗したわけじゃないのに…

親の思い通りの結果にならない時、どんな顔されるか、子としては不安が駆り立てられる。

ガッカリ感を見せつけられたら、罪悪感やら何かモヤモヤを感じるんじゃないかと。

毒親は、子を奈落の底に引きづり込んでいるだけ

当たり障りのない優しい親に対して、自分の不甲斐なさを感じる子供もいるのかもしれない。

一方で、虐待発言というか、子供を下げる親っていうのは、デメリットでしかない。

 

例えば、親はこんな発言をしてしまいがち。

大学の入学金も出してやったのに、ちゃんとした仕事もしないで

こんなこと言われたら、ますます子供が自己嫌悪に落ちてしまう…

 

確かに親のその気持ちもわかるよ…。

親だって、会社勤めでせっせと苦労しながら貯めた貯金を、覚悟を決めて子供に託したはず。

子供だけでなく、親のメンタルにも関わってくる話だろうさ。

 

…それでもだよ。「入学金を出してやってたのに…」⇐そんなこと言われたら、

それこそ生きててごめんなさいっていう… なんか申し訳なさで辛くなる…

その発言こそ、子供の心を歪ませてるんだよ…

 

正しいことを言っているつもりでも、

怒りやガッカリの感情を込めながら発せられた言葉に、子供は前向きに頑張っていこうという気持ちになれるわけがない。

申し訳なくさせる気持ちを何度も思い出させる言葉にはもうコリゴリ。

どこまでも落ちこぼれるだけでしかない。

 

子供だって辛い、そろそろ心を閉ざしたくなって、親と距離を取りたくなる。

むしろもう、惨めな自分に開き直って非行でも走りたくなる。

嫌な気持ちがいっぱいで、何かに当たってないと気が済まなくなる。

 

憎たらしい親と毎日格闘していては、ある日、家出して自分の望まない水商売に走った女性も知ってる。

言われる側の気持ちを考えれてない親はかなりいるもんだなと。

 

それと、思ったことをそのまま口に出してしまう親の中には…

「お前なんか産まなければよかった!」
「お前みたいな子は早く死んでくれ!」
「育ててもらってることにありがたく思え!」

 

こんな、自分の思い通りにならないことからといって、

言われなくてもわかってることを嫌な感情込めて言われたら、それはもう虐待として心に傷が残る。

「子供に絶対に言ってはいけないワーストなフレーズ集」だよそれは。

親が産むと決めたことなのに、産みの親だけには言ってほしくない言葉なんだよ。

 

なんか、一方的に子供が悪いことにされるし、言われたほうは傷つくし、絶対記憶に残るから。

どっちかが100%悪いっていう話はないはず。

 

子供の立場からしたらそれはもう、

「そんなに迷惑に感じていたなんて悲しい。生まれてきてごめんなさい。」
「そんなに文句言うんだったら、最初から産まなければよかったのによ!」

という感じで言い返したくなるんだよ。

 

僕の子供時代でいえば、親がピリピリした顔だけが印象として残ってる。

母親がイライラながらの表情でご飯を作りながら、小言をまき散らしてたのを覚えてる。ほとんど毎日。

 

母親:「早く食って部屋に戻れ! 片付けしてから仕事あって忙しいんだから!」

…今でもたまに思い出すから、呪いとして残ってる…

「そんなにオレを教育するのが大変なのか。もしオレが生まれてこなければ母親は幸せな生活を送っていたのかな」
「もしかしたら産みたくて産んだんじゃなく、産んでしまった…なのかな」

と、悲しくなるとそう考えてしまうこともたまにあるんだよな…

「生まれてきてごめんなさい」という気持ちを取り除いてやりたい

生きててごめんなさいという人達を僕は見てきた。

「大学に入れないから給料の良い仕事ができない」
「仕事でミスばっかりするし、会社を辞めてしまった」
「実家暮らしで家族に依存してばっかりのニートになってしまった」
「いまだに親孝行とかできていない自分が情けない」

 

イージーゲームじゃないからこそ、あなたも好きで望まない状況を自分で作ってるわけじゃないよね?

 

みんな、他人には理解されない精神的な事情もあるし、

そう簡単にやろうと思っても、中々上手くいかないことがあるはず。

出来なさすぎる自分が情けなくて、悲しみに暮れているのかもしれない。

 

とりあえず、辛くなったら逃げてもいい。

なんでもいいから自分が癒されるものに没頭してもいい。

マイナスでいっぱいになった気持ちを吐き出す時間もたくさん必要だから。

 

出来ないものは出来ないで仕方ないと割り切ってもいい。

人間なんて出来ないことだけでなくて、思い切った行動に出れないことだってよくあるから。

周りに褒める人や分かちあってくれるがいなくても、せめて自分で自分のことは認めてあげよう。

 

自分なりの考えで、将来はどうしようとか、親のためになることや、

自分なりのやり方で前に進んでいこうと、今まで考えてたことあったよね?

 

「結果が大事だ!」「できて当たり前」だと言われている世の中で、順風満帆にいかなくて悩んでいても。

少なくとも、その何かに真剣に悩んでる姿だけでも、人間らしく生きてると思うんだよ。

「親」じゃなく「自分」のためにできることをやろう

生まれてきてごめんなさいと言う人ほど、

「自分って迷惑なんだなぁ」って思うかもしれないけど、迷惑をかけない生き方なんて無理な話だよ。

 

生きていれば誰かしらに文句言われたりケンカをしてしまうことは絶対にある。

迷惑をかけないように心がけるのは大事だけど、全く迷惑をかけない生き方をこなすのはまず無理。

 

だから本来は必要以上に気にすることはない。

どうしても迷惑かけることはある。

「生まれてきてごめんない」じゃなくて、

単に「ごめんなさい」と言うだけで十分だよ。

 

それに合わない人間とどうしても合わせようとどんなに試みても、

他人って納得してくれない、認めてくれない、褒めてくれないってことってよくある。

その理解してくれない人が、親だったりすることがよくあるわけで。

親にこんなことを言ってみたり、こんな行動を取ってみたり。それでも分かち合えないことが、もう何年も何十年も続いてるよね。

 

「親孝行してこそ一人前」ってどこかで聞いたことあるかもしれないけど、

毒親の元では親孝行する気になれないよね。

いや、しようとしても難しいかなと。

 

僕が言いたいのは、今すぐできる好きなことに目を向けてみてほしいということ。

自分が心の余裕ができなきゃ、他人を幸せにする余裕ができないから

 

だからまず、「自由な人生を手に入れる教科書」という書籍があるんだけど、よかったら見てほしい。

恩返しとかは、もっと自分が経済的にも精神的にも余裕になってからでもいい。

 

僕の場合、「生まれてきてしまった」のは仕方がないことかもしれない。

だけど、どうせ生きているなら、楽しいことをしてから終えたいって思ってるから。

束縛される権利なんてないし、みんな、誰かの幸せのため、自分の幸せのために生きているんだからさ。

 

それに、悲しみに暮れながら、鬱病になって朽ち果てていく人を、僕はもう見たくない。。。

 

ある昔、田舎道のど真ん中で、途方に暮れながらポツンと座っていた、農家のオジさんを見かけたのを思い出したな。。。

そのオジサンは、精気のない笑顔を浮かべながら、

「お菓子あるけど食べるか?」と言ってお菓子をくれたんだけど、

その後、どこかに静かに去っていく後ろ姿が、どことなく哀愁が漂っていた…

 

会った後日、そのオジサンは自殺だったのかわからないけど、

家が火事が起こってオジサンが亡くなったという、そんな噂話を聞いてしまった…

それから、自分もどんな顔して終えるんだろうと、考えさせられた…

なんか、自分まで気分が沈んできてしまったな。。。

 

と、この辺で暗い話は終わり。

ささ、ミルクティーでも飲みながら、好きな映画でも見ながらリラックスでもしよ。

いつか、「生まれてきてごめんなさい」が、「誰かのためになってよかった」と思えるようになりますように。

あなたが存在しているだけで嬉しく思ってくれる人が、どこかに絶対いるからさ。

 

関連記事

gloomy-sky

人生お先真っ暗だと感じないように心がけると良いこと

milky-way

「何もかも投げ出したい」と思った時に抑えておきたい4つの心構え

man-under-bridge

生きてる価値が見いだせないと深く悩むことない。誰にでも価値はある

loosing-time

30年もニートだからといって必ずしも人生終わりとは限らない

susuki-grass

思い出したくない過去の過ちや、嫌な思い出を簡単に緩和させる方法

woman-on-side-of-lake

もう社会で生きていけない・・・と嘆く人の残された手段は