ミステリー PR

呪いを解く方法の一覧。現象の正体は呪いではないことも?

 

以下の例に近い状況であれば、ぜひ読み進めてください。

  • 最近嫌なことが連続で起きる
  • 急に周りとの人間関係が悪くなった
  • 眠れない日が続くようになった
  • 体調が優れない日が多い
  • 危ない目に遭うのが多い
  • 何もかもやる事が空回り
  • なんかわからないけど酷い目に遭う

自分なりに対策しても中々良くならない傾向があるとしたら、何か自分では見えない何かが関係している可能性はあると思われます。

したがって「呪いを解く方法とは何か?」と情報を探し始める人も少なくありません。

このページでも呪いを祓う方法や解く方法を紹介しますが、そもそも悩みの種が呪いではない可能性もあります。

詳細は後半のほうで説明しますので、まずは上から順に読み進めてもらえればと思います。

簡易的に呪いを祓う方法4つ

呪いを解くというよりは、呪詛や邪気を寄せ付けないための方法です。

以下の4つは、代表的な手段とされてます。

1. 塩をまく

塩は古くから、お守りや悪霊退散として使用されてきました。

家の入り口、部屋の入口に塩をまくこと(または盛り塩)で、悪いエネルギーや悪霊を払いのけるとされているのだと。

塩を使って自分の周りに円を描くことで、安全なスペースを作り出すことも可能だともいわれてますね。

低級霊などを寄せ付けつけない効果ありますが、強い怨念に対しては効果はあるとは言い切れません。

2. お香を焚く

お香は、その場のよどんだ空間や自分自身のオーラを浄化できるとされてます。

お香の煙を使って、部屋の隅々にまで行き渡らせるようにすると。

お香の煙を体に向けて扇ぎ、頭から足先まで浄化するイメージで煙を浴びることで、自分にまとわりついてる邪気を浄化できます。

お香が焚かれている間は、悪い霊を寄せ付けないでいられるはずです。

3. 手拍子

手拍子による邪気払いは、日本の神道や民間信仰において、邪気や悪いエネルギーを払いのける目的で行われることがあります。

たとえば、帰宅後、家に入る前に手拍子を行うのがよいでしょう。

両手の指先を家の中に向けながら、二回以上「パンっパンっ!」と拍手の音を鳴らすようにすることで、悪い気がサーっと去っていくいきます。

心の中にある不安を手放すことを意識しながら、手拍子を行うことが重要とされてます。

4. 護符(御守り)

護符(お守り)は、宗教や民間信仰において、古来より邪気や呪いから身を守る目的で使われてきました。

護符は神々や精霊、守護霊の力を借りて、持ち主に幸運や安全、呪いからの保護をもたらすと信じられています。

首にかける、財布に入れる、またはポケットに入れるなど、肌身離さず身につけておくことが重要。

神社やお寺などの護符にも色々な種類があるのですが、一般の方が自己判断で選ぶと、まちまちな効果になりやすいです。

「厄災除け」と効果を謳う御守りでも、実際はその自分に合うかは、安易な判断では難しいところ。

呪いを解く方法について

呪いを解く方法としては、代表的なやり方が二つほど。

いずれにせよ、呪いの種類を鑑定できる者に行ってもらう必要があります。

祓詞(はらえことば)

祓詞は、日本の神道において罪や穢れ(けがれ)を払い除けるために唱える祈祷文のこと。

神職の方(神道の僧侶)によって、祓詞を唱えられることが一般的です。

つまり「お祓い」のことなのですが、神事や祭りなどで厄除けの目的とされます。

解呪の意味合いで、邪気や悪霊を払い除けることで、災いや不運から身を守られるとされてます。

お寺や神社でのお祓いを受けることも可能ですが、お祓いで万事解決となるとは言い切れません。

実は呪いでない何かが悪い影響をもたらしてる可能性があるからです。

除霊(浄霊)

祓詞(お祓い)は、主に神道の儀式で「日常生活で生じる穢れや邪気」を取り除くことに焦点を当てているということでした。

対して除霊は、様々な儀式で「悪霊からの呪い」を取り除くとしている点。

例えば、祈りや呪文を唱えることで、精霊から力を借りて悪霊や霊障を払い除けたりなど。

動物霊に対しては除霊と言う専門家もいて、人間などの悪霊に対しては浄霊と言う専門家もいたりします。

いずれにせよ、霊感能力を持つ祈祷師、僧侶、シャーマンなどの専門家に依頼するのが一般的です。

霊的な呪いなら間違いなく視てもらえるので、呪いの種類によっては除霊のやり方も変わります。

そもそも呪いではない可能性がある?

「立て続けに悪いことが起こるのは呪いかも…」

と悩んでる方も多いですが、実は、他の要素が絡んでいる可能性があります。

家相による影響

rock-crystal-on-fence

家相は、人によりますが呪いといえば呪いと捉えていいでしょう。

東洋の風水思想に基づいて、建物や土地の配置、形状、向きなどが持つ縁起や運気の良し悪しを判断されます。

家の周囲に墓地や病院、ゴミ処理場などあれば、縁起が悪い意味合いで、悪影響が及ぶとされていたりと。

「引っ越ししてから災難続きだ」、「今まで人間関係が良かったに最近良くない」という人なども、家相の事例かもしれません。

運勢による影響

あるいは運勢による影響で、嫌なことが頻繁に起こっているということもあり得ます。

こればかりは護符などを身に着けても、効果が一向に表れないことも珍しくないです。

その人の運勢となれば、呪い対策をしても無意味になる可能性があると。

よくある厄年の影響で、どんなに気をつけてても嫌なことを引き寄せてしまうのは頷けます。

「何しても無意味なのか?」というと、そういうわけではないです。

専門的な占い師などに相談し、具体的なアドバイスをもらい実践することで、悪い影響を少しでも抑えられるはずです。

今すぐ悪い影響の正体を視てもらうなら

霊感を持たない一般人だからこそ、わからない現象に悩まされているはずです。

  • 誰かによる呪いなのか
  • 霊による呪いのなのか
  • 運勢にある影響なのか

具体的な対策は、霊視占いができる占い師に視てもらうことで、すべきことがわかります。

では、「相談はどんな占い師がいいか」についてですが、今すぐにでも利用できる「電話占いサービス」がいいでしょう。

もし除霊が必要な場合でも、簡易的な霊障ならその場で除霊をしてもらうこともできますよ。

お祓いが相場で5000円~10000円であるように、電話占いでも同程度の値段で、ほとんど30分程度で完了。

電話占いサービスはたくさんありますが、中でも、初回割引が半額という破格的にお得な「みん電占い」が一押し。

>>みんなの電話占いの公式はこちら

 

とくに除霊や霊障に関する相談なら、キサラ先生がおすすめです。

彼女は陰陽師の末裔であり、呪い関連の霊的な相談が得意です。

仮に霊障による悪影響ではないとしても、カバラ数秘術という占術を使って、運勢を視ながら対策を教えてくれます。

相談者に寄り添って思いやりのある助言をくださる先生ですので、安心して相談できますよ。

ぜひこの機会にキサラ先生に利用してみてはどうでしょう。