ミステリー PR

死んだ人に会いたい思いで恐山のイタコに会ってきた体験談

 

できることなら、死んだ人にもう一度会いたい。

亡くなった人のことでいつも頭がいっぱい。

してやれなかった後悔を引きずっていてモヤモヤ。

 

亡くなった人を蘇らせることができないのは、そんなことわかっていた…

だけどやっぱり、そんな簡単に、パパっと気持ちを切り替えられなかったんですよ。

 

それである日、降霊術に関する本を読んでいていたら…

亡くなった人からのメッセージを受け取ったり、想いを伝える方法があると気づいて。

それが、イタコによる口寄せというものでした。

死者の魂を降し、イタコ自身に憑依させることで、死者対話ができるという。

 

そこで僕は、イタコに会うため、亡き父と故人対話するために青森の恐山に行ってきました。

イタコの口寄せを受けてみようと考えてる人に、僕の体験談も含めた解説をします。

何か少しでも参考になればいいかなと。

イタコの口寄せとは実際どんなもの?

イタコはチャネラーやシャーマンという職業の一種で、死者対話できる降霊術(仏おろし、口寄せともいう)を習得しているのだと。

元々、霊感能力のある女性が、厳しい修行を乗り越えて「口寄せ」を得たのがイタコ。

今のイタコ達は、高齢で半盲目・盲目が女性がほとんどだそうです。

僕が来たときは、普通に目が見える後継者らしいイタコも恐山に来ていましたけど。

口寄せはどのようなやり方?

口寄せは、故人の霊を招き寄せて、その霊から伝えられたメッセージを依頼者へ代弁してくれます。

実際、僕がイタコが亡き父を降ろしてもらった時は、イタコは目をつむって数珠をシャカシャカこすりながら、呪文を声に出して唱えてましたね。

数分後くらいで、亡くなった人がイタコに憑依し始めると、イタコの口から依頼者に話し言葉で語りかけてきます。

口寄せの料金・時間について

口寄せの前に、故人の名前、生年月日、亡くなった日付を紙に書いて渡します。

ちなみに、複数人の故人を降ろしたい場合でも、一人につき料金は、4000円~5000円くらいで30分程度が相場。

僕が依頼したイタコは、30分で4000円ほど。

だいたい25分くらいは故人対話してたと思う。

人によっては、15分で終わったという体験談もありますが。

降霊というだけに、霊力を使う時間が長くなればなるほど疲弊するからか、その時のイタコの体調にもよるらしいです。

恐山のイタコに依頼した口寄せの体験談を少し語る

 

口寄せを開始して、数分の呪文を唱えてからだったかな。

「息子(せがれ)よ、よく来たな」と語り始めてから、故人対話が始まって。

その時は、「マジかよ、本当に親父なのか」と、心の中ではまごついてたなと。

僕は「元気でやってるよ」とか、「いなくなって寂しい」と返したら…

イタコの口から「元気でなによりだ」と、そんな返答をしてきたのを覚えてる。

 

正直、イタコの口寄せは、青森弁訛りがちょっとだけ聞き取りづらかったけれども。

しかし、生前の父親との関係や、母親の状況を言い当てたことには驚いた。

  • 「お前は口数の少ない所が俺に似たから、お互いあまり会話が少なかったな」
  • 「母さんはもう歳だから体調が気がかりだった。母さんを頼んだぞ。」

と言われたことに。

 

確かに、お互い家の中で顔を合わせても、話すことがなかったし。

時間がただただ過ぎていくだけで、世話になったことをどういう形で恩を返したらいいかわからずで。

 

あの時の父は、入院して人工透析をするほど、もう寿命が長くない体だというのに。

その時の僕は、勝手に「退院できるだろう」と勝手な解釈してて。

失ってから気づく大切なことを今になって、思い知らされる。

 

病院にいた父親が亡くなるあの日、最期まで見届けてやれなかったこと。

何かを伝えなくてはいけないのに、逝ってしまったことが心残りだったこと。

 

この時になって、今まで言えなかったことを、口に出せたんだった。

感謝の意を込めての、「ありがとう」って。

イタコに会える時期と場所が限られている

osorezan-bodaiji

イタコは青森のむつ市、「恐山菩提寺」という場所で会えます。

ちなみに恐山は、死者の霊が集まる霊山として有名。

いつでも会えるわけではなくて、毎年イタコに会える時期が決まってます。

毎年、恐山でイタコに会える時期

たとえば、2018年のときの例でいうと。

  • 「恐山大祭」(2018年7月20日~24日)
  • 「恐山秋詣り」(2018年10月6日~8日)

夏休みや秋の連休がチャンス。

ただ、恐山での口寄せ受付期間の土日祝日に当たると、朝早くでも6時間も待つほどの、長蛇の列になることもあるらしい。

 

それだけ、切実に想いを抱えてイタコの口寄せを求めてくる人達がけっこういるんだなと。

亡くなったお母さん、お父さん、夫、妻… ほぼ身内で亡くなった人ばかりで。

震災や津波で亡くなった人への心残りや、後悔の念を拭い切れずという人の声も聞いた。

 

混雑を避けたいと思って平日の朝に来たら、ほぼ並ばずに済んだ↓

itako-summon

この日はテントが3つあるように、イタコが3人ほどくらいだった。

恐山の開催時期以外で会うのは難しそう

もしも、開催時期以外に会いたいとなると、ツテで東北地方にいるイタコを手探りになるかと。

実際会えたところで、口寄せを引き受けてくれるかわからないけど。

イタコは東北地方で散見するらしく、青森のほうが多いらしいです。

八戸市、弘前市、五所川原市、つがる市に所在しているとか。

 

ちなみに、青森・岩手・秋田ではイタコで名が通ってますが、地方によって呼び名が違うみたいで。

  • 岩手南部・宮城では「オガミサマ」
  • 山形では「オナカマ」
  • 福島では「ミコサマ」「オガミヤ」
  • 山形・福島・茨城の一部では「ワカサマ」

 

正統派と言えるイタコの数が、2022年時点で6人しかいないという情報がありました。

すぐにでも死んだ人に会いたい人は、電話占いで故人対話

亡くなった人と話しをしたいけど、

  • 「住んでる場所からは遠いし、すぐ行けそうにない」
  • 「イタコがいる時期に行くにも都合がつかない」

というように、時期とか距離に頭を悩ませる人達もいると思います。

そういう人達は、電話占いで口寄せを頼むという手段もありなんじゃないかと。

ちなみに電話占いというのは、恋愛や仕事の悩みとか相談して、占いで導かれるアドバイスをもらえるサービスのこと。

創業19年の「電話占いヴェルニ」

>> 電話占いヴェルニの公式サイトはこちら

電話占いサービスは100社以上と多いんだけど、「電話占いヴェルニ」で口寄せ(故人対話)ができる占い師を発見しました。

ヴェルニには全国の占い師が1000人以上もいるというから、予想通り、霊障問題や降霊術が得意な占い師が複数いて。

電話越しでも、亡くなった人の名前や生年月日を伝えるだけで、降霊術ができるようです。

口寄せ料金と比較

口寄せ(故人対話)ができる占い師だと、だいたい鑑定料金は1分/290円が平均的。

口寄せの場合、30分4000円 + 交通費(距離や乗り物による)

電話での故人対話の場合、30分8700円 ー 初回無料ポイント4000円 = 4700円

 

ヴェルニの登録特典の初回無料ポイントを使えば、口寄せ料金とそう大差ないかなと。

ちなみに無料ポイントはお試しなので、不服であれば無料ポイント消費中に電話を切ればタダで済ますことも可能。

いずれにせよ、忙しい人にとっては、時期と場所を選ばなくていいから都合がいいはず。

どの占い師がいいかについて

ヴェルニで口寄せ(故人対話)ができる占い師は、以下の二人が特に得意そうと見えました。

  • 緑輝 神先生
  • ソフィア先生

という芸名を使った占い師の方々。

音声サンプルもあるので、自分が相談しやすそうだと感じる先生を選ぶとよいかと。

緑輝 神先生

>> 緑輝 神先生の詳細ページ

 

緑輝 神先生は、イタコの家系だけあって目に見えない存在を霊視できる能力があり。

主に霊感霊視による占いが鑑定スタイルですが、故人対話もOKと書かれてます。

故人会話を通して、モヤモヤしている心をきっと、打破させてくれるじゃないかなと思う。

ソフィア先生

>> ソフィア先生の詳細ページ

 

神職の家系で育ったソフィア先生は、霊視、霊聴、霊臭までできるとか。

霊的感性を過去や未来を視るだけじゃなくて、口寄せ等の降霊術も行えると書かれてます。

故人から受け取るメッセージと合わせて、現実的なアドバイスを受けたい人に良さそうな印象。

亡くなった人の想いを受け取ったら、きっと前に進める

最後に余談を少しだけ。

僕も、やるせない気持ちが続く時期が長かったんですよね。

1年も2年も、時間が流れていくだけで、何もかもどうでもいいって。

今でもたまに、あのソファを見ると、座っていた人のことを思い出して悲しくなったりして。

あの時に「こうしてあげればよかった」と悔やんでも、時間は戻せないのはわかってるんだけど。

 

でも、亡くなった人が「生きてる人にどうなってほしいか」を考えたとき、少しは気持ちが楽になったというか。

「亡くなった人が、どんな気持ちで、自分が何をしてるのかを見てくれてる」

イタコの口寄せを通して、そうわかっただけでも、自分がすべきことに向けて動けるようになった思う。

 

これは人によって考え方は違うからなんとも言えないけど…

自責の念にとらわれすぎないよう、気をつけてほしいなと、ここでは言いたい。

伝えたかった想いは、亡くなった人に伝わってるから大丈夫だよ、と。

 

少しだけでいいから、自分が亡くなった側の視点で考えてみてほしい。

生きている大切な人にどうなってほしいか?

逆の立場で見ると、きっと、自分の進むべき道が見えてくるかもしれないから。

 

ということで、何か少しでもキッカケでもできたならいいなと思います。