リクナビネクストは経歴なしのニートでも利用してもOK?

resting-doll

最大大手のリクナビネクストは、マイナビ・DODAと続いてかなり利用してる人が多いです。

なんせ6000件以上の求人も。

でもそんな転職サイトに、

「何の経歴のないニートが入り込む隙間があるのか」

って疑問に感じながらも、ショボい経歴の僕が登録してみました。

実際に中身を見てみれば、なんとまぁ、未経験OKの求人もそれなりにあったんです。

いつもハローワークの求人と求人雑誌しか眺めてなかった僕は、

「あぁリクナビNEXTも参考に仕事探しするとよかったな」

って、今さら登録してそう思いました。

リクナビネクストは長期ニートだろうと就職のチャンスはいくらでもある

job-searching

10年無職の人だろうと、 チャンスはあります。

求人に書かれている【求めている人材】という項目内容に、

「経験・学歴不問」
「業界・職種未経験大歓迎」
「社会人経験不問」
「1から丁寧に指導」
「20代・30代活躍中」

街中にある求人雑誌と同様、どんな人にもマッチングできる求人が探せます。

「45歳以下の未経験歓迎」という文言も見かけましたし。

リクナビは専門職や経験者の求人もたくさんありますが、未経験歓迎の求人もたくさんあります。

もちろん、誰でも応募できるような求人ではブラック企業も存在しているので注意が必要さ。

未経験から始めれるスキルの身に付く求人もある

少数ながら場所にもよりますが、ITエンジニア関連、電気機械、建築土木、クリエイティブ、アドバイザーといった、未経験から始めれる職種がチラホラ見つかります。

なりたい職種や、やってみたい職種があったら、リクナビでも検索かけて探してみよう。

お宝的に見つかることもあったりするかも。

あんまり職歴がなかったり社会人経験が少ないと、どうしても「未経験・学歴」といったワードが切っても切れ離せないもんです。

僕はやりたい職種ってわかんないですが、やりたい職種がある人が羨ましい。

リクナビNEXT編集部から送られてくるメールも参考にするといい

機械的にマッチングされているのは否めないけど、職歴や、検索履歴から志向に近い求人をピックアップしてきて紹介してくれます。

「あれこれ探すの面倒くさいなぁ」と思ってるときに、「あぁこんな求人もあるのか」って参考になる時はまぁあります。

興味のない仕事や、やりたくもなさそうな求人をズラズラ並べてくれますが、適当に流し目に見ていってもいいでしょう。

経歴なしニートにとって重要な、未経験求人もたくさんあることだし。

「今週は求人雑誌で良さそうな求人なかったな」と思った時には、リクナビNEXTも活用。

応募時は、リクナビの転職ノウハウのガイドも参考にするといい

未経験求人に応募するといっても、履歴書や職務経歴書の書き方がわからないニートは結構います。

僕もよくわからないまま、自己流でネットで見ながら書いてました。

リクナビNEXTの会員なら、転職ノウハウというしっかりしたガイドページがあります。

体型的に準備~面接~退職までのノウハウが綺麗にまとまってるので、基本それを見ながら書類を書いていくといいです。

もし、転職ガイドを見ながら書いてみたけど、

「いや~、これで合ってるのかどうか不安だなぁ」

ってなったら、就職支援サービスの就活アドバイザーに見てもらうのもありでしょう。

僕は転職エージェントとか利用したことないですが。

 

 

では最後に。

自分の力量に合った仕事を見つけるのは大切。

でも、どこの求人を利用しても下手したら何連チャン連続で不採用って結構ありますね。

「自分でもできそうかな」っていう求人を自力で探す人も多い。それもそれでいいです。

もし、落ち込んでもう嫌になりそうになったときは、いざ第三者のアドバイスを求めてみよう。

 

では、これにて。

自由な人生を手に入れる教科書

自分らしく生きたい人は必見

無料ダウンロード実施中

e-book-for-freedom
  • 職場の人間関係に悩んでる
  • 収入不安定で将来が不安
  • 仕事漬けの毎日が憂鬱
  • 就職する自信がない
  • 雇われずに生きたい
  • もっと自由に生きたい

仕事仕事とウンザリしてる人が読むべき電子書籍。

自由を掴み取るために必要な思考が身に付きます。

詳細はこちら

関連記事

good-point-characters

リクナビのグッドポイント診断(無料)で自分に合った職業が発見可能?

black-coffee

リクナビNEXTの求人はブラックばかり?気をつける事は

offer-job-interview

リクナビネクストの「応募しませんか?」と3つのオファーを比較

e-mail-letter

リクナビネクストのプライベートオファーに返信するべきか