マイナス思考

守られたい願望が強い人は、ネガティブな過去を引きづってるから

守られてる子猫

 

「守られたい」というのは、女性ならではのイメージがあるある。

背が高くて、頼りがいがあって、経済力のある男に守られたいとか。

加えて、他人にぶつからないように手を繋いでエスコートしてくれる男性とか。

 

とはいえ、他人にも自分にも厳しいような辛辣な人からすれば、

「いい歳して守られたいとか言うのは、男性からすると、精神的にも自立してない女子と見られて相手にされないよ?」

なんていう意見が返ってくるかもしれない。

 

あぁそうか、精神的な自立…。

経済的に依存されても、自分一人でやれることはこなし、精神年齢が大人であることも求められると。

 

確かに、一人暮らしできるほど自立しなくてはならないというのは、そんなこと耳にタコ焼きができるほどわかってる。

わかってるけど、自立していても、どうしても守られたいと感じてしまう瞬間は…あるね。

 

けど、ただ守られながら生きるっていうのは別に悪い話じゃない。

守られながらも、自分が相手に与えてやれることをしてあげればいいだけだしさ。

 

ではさっそくだけど、守られたい願望が強い人が、なぜネガティブな過去を引きづってるのかを話してみる。

ついでに、守ってあげたいと思われる人間になるための心得も教えとく。

 

守られたいと思うのは、満たされなかった過去を引きずっている

ここで言う守られたい願望には、

支えられたい、愛されたい、可愛がられたい、構ってほしい、優しくされたい、

という気持ちと、ほぼ一緒のようなもの。

 

人一倍に強く守られたいと思うことがあるのなら、それだけ、不満に感じてしまう環境で育ってきた影響があるということ。

たとえば、学校では嫌なイジられ方をされたり、完璧主義者の親には厳しい事ばかりしか言われなかったりと。

 

優しくしてほしかったときに、誰も優しくしてくれなかった…

唯一の味方である親からには責められてばかりで、認められないまま育って…

誰にも弱音を吐けないまま、強よがる自分を演出し続けることが、だんだん苦しくなってきた…

 

誰だって、辛いときこそ支えてほしい。

「無理にやらなくていいんだよ」って、一言でも言われてみたいと思った瞬間はあっただろう。

そんな優しさだけでも注がれたかっただけなのに、大人になっても「守られたい」気持ちがよぎってしまうんだね。

 

どこかで幸せそうに扱われてる人を見ると、なぜか嫉妬のような感情が湧いてきたり。

幸せそうに可愛がられてる子供を見ると、なんだか自分がモヤモヤしてしまうのもそれ。

 

だから、どんなに自分に対して「甘えるな!」「自立しろ!」と言い聞かせても、、、

深層心理には「認められたい」「支えられたい」という自分がいるんだ。

「人に頼ってはいけない」と思えば思うほど、それに比例して苦しくなる。

 

じゃあ次に、守られたい願望がある自分がよくわかったところで、

「どんな人と出会うといいか」について説明してみる。

 

頼りがいがあって守ってくれる人の特徴は?

すでに、どんな人がいいか、想像はついてるかもしれないけど一応。

責任をもって守ってくれたり支えてくれる人に出会うには、こんな人をヒントに探してみるといいさ。

・感情的になりやすい人
・家族思いで誠実な人
・ペットを大事に飼ってる人

 

↑早い段階から知ることはできるね。

ドラマやアニメに出てくる主人公のように、感情の勢いがあっていい。

 

守られたい女性ならこう言われたらどう思うか。

「俺がお前を絶対に守ってやるから、だから、もう心配しなくていいから!」

なんて、男気で覚悟がこもった言葉で言われたら、グッと来る感じはしないかな?

 

欲を言えば「思いやり」だけでなく、

・何も言われても動じない突き抜ける力
・どんなもの事に対して余裕のある心
・些細なことでも受け入れてくれる器
・未来も予測して物事を判断する力

 

などがあれば、より頼りがいがあって一層いいね。(経済力あるかは別として)

 

逆に、男性が守られたいというのは、、、

「ヨシヨシ良い子だね。大丈夫だからね」と、甘えやかせてほしい感じなのかもしれないけど。

そこまでいかなくとも、せめて頑張ってる自分を「一瞬だけ赤ちゃんにさせてくれ」という男性もたまにいることだし。

 

「守ってあげたいな」と思われるための3つの心得

もし今後、恋人が欲しいなと思うときに、心得てほしいこと3つ伝えたい。

守りたい男性ほど「自分は必要とされてる」と求められることで、自己重要感が満たされて、男としての元気が出るからね。

守られたい願望があるのなら、守ってあげたいと思われるために、ぜひとも覚えておいて。

 

1. 自分を甘やかせれるようにする

まずは、自分が「守られたい自分」を心から受け止めてあげて、それから自分を自分で甘えさせてみることから始めてみる。

手を抜けるときはすかさず、あえて「一回くらい休んでもいいか」みたいに、自分を甘えさせてみると。

 

だって、自分に優しくできないなら他人にも優しくなれないから。

他人に優しくない人は、周りからは「あの人は自分一人でやってるから、手伝わなくてもよさそう」と見られてしまいがち。

「自分一人でこなせる」と振舞っていては、それこそ男性に「守ってあげたいな」という気持ちが湧かなくなるから。

 

いずれ、「素直に助けてください」とか言えるように、、、

まずは自分に対して「甘えてもいい」と、少しずつ言い聞かせてみることから始めてみよう。

大きく頼ることができなくても、小さく頼れることはあるから。

 

2. あえて強がりをやめてみる

過去のトラウマが原因で、弱音を吐きたくないとか、異性に対しても強がってしまうことはあると思う。

だから、「どうせ他人は頼りにならないし、自分で何とかするしかない」と強く思ってしまっていることもあるかもしれない。

先ほど言ったように、それが「助けてあげてなくてもいい」と感じさせてしまうから。

 

だから、苦しい時はほんとに「苦しい」という表情を少しでも見せてみる

そして手伝ってくれた時は「嬉しい」と伝わるように顔の表情を少し変えてみる。

そういった喜怒哀楽をちょっとでも垣間見せることで、大なり小なり、周囲から気軽に絡んできてくれるようになるから。

これは、恋愛で守ってあげたくなるような気持ちにさせるだけでなく、職場でも助けられる人間になるためにもいい。

 

気軽に接しやすい人間ということは、愛される人間にもなれる。

「それ代わりにやってあげようか?」とか、自ら進んで助けてくれる人も出てくる。

それも、どれだけ余裕のある人達がいるのかにもよるけど。

 

とにかく、無表情で一人で淡々とこなしてように見られないように。

気軽に「他人に頼れない」「手伝ってほしいと言えない」というのなら、無表情だけでも一回やめてみるのもいいかも。

 

3. 必要以上に求めないこと

これ大事だから覚えとこ。

「どうせ人は頼りにならない」という思考が根付いてしまってるのなら、無理にそう思おうとしなくてもいいけど。

 

でも、これから異性と出会ってキュンキュンすることはあるはず。

大事なのは、慣れてきた頃に、イザコザ中に答えがハッキリしない段階で、

「構ってくれない」「愛してくれない」「どうせ守ってくれないんだ」とか、勝手に一人で解釈するのだけは、しないよう気をつけて。

 

そうなると、本当にあなたを「心から守ってあげたい」という異性に出会ったとしても、

その不信感を募らせた発言が、正真正銘の相手ですら追い詰めてしまう。

 

ほんの些細なことでも、ほんとに忙しいだけなのに、

「もう自分は愛されてないんだな」と早とちりしてしまっては、関係がギクシャク。

ネガティブ思考で回るクセがついてるのか、「ホントに忙しい」を証明しても、「愛されていない理由」を探すことばかりの思考になってるというか。

 

それも、満たされない機能不全家族からの影響もあって、、、

人を簡単に信用できなくなってしまってるから、というのもあるのかもしれないけど。

 

とりあえず、守ってあげたいと思われる人間になるためにも、

最初に「必要以上に相手に条件を求めない」ということを最初に考えておくことかな。

そうすれば少しでも、関係をギクシャクさせることが減るかもしれないから。